育毛の達人式 自宅発毛法が効く!感謝と喜びの声が続出!

髪にもっとも重要な栄養素『タンパク質」

発毛・育毛に必要な3大栄養素の一つ目は「タンパク質」

 

髪の99%はタンパク質なんです

 

髪の毛の99%はケラチンというたんぱく質で構成されています。ケラチンは約18種類のアミノ酸が結合して作られています。

 

たんぱく質は人間の身体を作りだすため2番目に多く使われる栄養素なんですが、髪の毛以外にも胃、腸、皮膚、筋肉、心臓、血液、血管、神経、神経伝達組織など、人間の体の殆どと言っていい部位で活躍しています。

 

体の中に取り入れられたたんぱく質は、いろいろな部位の中から優先順位の高い順に使われていきます。実は、髪の毛にたんぱく質が回されるのは比較的最後のほうになんです。だから、たんぱく質の摂取量が少ないと、髪を作るためにまわされるたんぱく質の量は減らされ、髪の毛の生えにくい頭皮環境を作ってしまうんですね。

 

タンパク質には、動物性と植物性のものがありますが、髪の毛に必要なタンパク質を考えた場合は植物性タンパク質がおすすめです。

 

魚、肉、卵などの動物性たんぱく質よりは、豆類などの植物性たんぱく質を摂取するように心がけましょう。

 

髪の栄養吸収を促進する「ビタミン群」

「ビタミンA」
頭皮の乾燥やフケかゆみを防ぎ、新陳代謝を促進する効果があります。

 

「ビタミンB2」
細胞の新陳代謝の促進効果に加えて、皮脂の過剰分泌を抑制する効果があります。

 

「ビタミンB6」
ケラチンの構成や摂取したたんぱく質の吸収を促進します。

 

「ビタミンC」
頭皮環境を正常化し、たんぱく質やコラーゲンの構成を促進します。

 

「ビタミンE」
血流促進、毛髪の成長を促進し、頭皮や毛髪の老化防止などに効果を発揮してくれます。

 

「ビオチン」
頭皮の健康を維持し、アミノ酸代謝の促進をしてくれます。

 

これらのビタミン群は、肌の乾燥を防いだり細胞の活性化を促したりするもので、脱毛を抑制する効果がありますから、バランスよく摂取したいものです。

 

とくに、青魚や鮭、マグロ、大豆、卵、肉類、バナナ、うなぎに含まれる栄養素は発毛に欠かせないものが多く含まれています。
つまり、変色をせずに、バランスのよい食事を心がけることが毎日の負担にならず、気軽に取り組めます。

摂取したたんぱく質を髪に変える「亜鉛」

「亜鉛」は人間の体の中で、どんな役割を持っているのでしょうか?

 

亜鉛

髪の毛のみならず、人間の体の内部では、いたるところで細胞がつくられています。

 

「亜鉛」はその過程で、細胞の生成を助ける役割を持っています。
つまり、「亜鉛」が不足すれば、細胞のつくられるスピードが遅れるということになります。

 

では、「髪の毛」に限定するとどうでしょうか?

 

髪の毛の場合は、髪を生成する幹となるのが毛母細胞ですから、
この細胞に対して「亜鉛」は欠かせません。

 

 

「亜鉛」を必要量取ることで、髪の毛が強く太くしたり、
ダメージから回復させたりと、髪の健康を維持します。

 

 

薄毛や若ハゲで悩む方は、いろいろな原因で髪の毛の成長期間が短くなっている場合が非常に多いので、
髪の毛を成長させるために、亜鉛が重要になってくるのです!

 

どんな食品に多く含まれているの?

 

aenimage

 

食品100g当たりの亜鉛の含有量 単位:mg 成人男子推奨量:9mg 成人女子推奨量:7mg

 

どんな食品と一緒に取ると効果的なの?

 

亜鉛は、ビタミンCやクエン酸とと一緒に摂取すると吸収されやすくなります。

 

つまり「酸っぱいもの」と「亜鉛」は相性が良いということは覚えておいて損はないですね。

 

 

育毛の達人式マニュアルには、体内に分泌された薄毛因子(DHT)をおさえたり、中和させたりするのに役立つ食材が数多く紹介されています。

 

さらに「一日最低でも○○は摂取する」など、詳しく食品と摂取量が紹介されていますので、是非チェックしてくださいね。